只今、サイトリニューアル中

CONCEPT

▷はじめに

大阪・肥後橋のフェイシャルエステサロン「美肌室Leo」サロンイメージ
美肌室 Leoは、貴方のお肌のお悩みに真剣に向き合うエステティックサロンです。メークアップに頼らない、自信の持てる健やかな素肌を目指します。フェイシャルメニューの他、ボディやブライダルのメニューもご用意しています。

- 美肌室Leoが目指すサロン像 -
■お肌の悩みがあるとき、「Leoに行けば大丈夫」とお客さまの心の拠りどころであれるサロン
■お客さまの美容に関する疑問に対して、根拠を示しながら説明して差し上げられるサロン
■足を運ぶ度にお客さまの美意識を刺激し、綺麗になろうとその気にして差し上げるサロン

-「美容室やネイルサロンには通っているけど、エステサロンはちょっと…」と思っている貴女へ -

今までのセルフケアでは、悩みが解消されなくなるのがアラサー世代のお肌事情。
毎日の自宅ケアにプラスして、月に一度のサロントリートメント。
これだけでお肌の未来は変わります。

ヘアスタイル、ネイル、まつ毛のケアをそれぞれのプロにお任せするように、お肌のことはLeoに任せて欲しいのです。

これから先の数十年を共にしていくお肌、肌理論に基づいたエステメニューでいたわってお手入れしませんか。

美肌室Leoは、忙しい女性の皆さんでも無理なく通い続けられるサロンです。

▷美肌室Leoのお約束


エステサロンと聞いて、皆さんはどんなイメージを持たれますでしょうか。

良いイメージが浮かんだ貴女は、これまで素敵なサロンさんとの出会いがあったのでしょうね(*^^*) とても嬉しくて喜ばしいことです。

逆に、悪いイメージが浮かぶという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご自身がサロンで嫌な体験をされていたり、ご友人からネガティブな話を聞いてらっしゃたりするかもしれません。

たしかに、美肌室Leoに来られるまでは「エステを怖いと思っていた」というお客様さまが多くいらっしゃいます。

・高いお金を払って本当に効果が得られるの?
・エステには行ってみたいけど、勧誘が心配…
・刺激に弱い敏感肌の私でも受けられるかしら?
・肌荒れやニキビがあっても大丈夫かしら?
・お子さんを預けてまではエステに行けない…
・毎回同じエステティシャンが担当してくれる?

実際にサロンで耳にしたお客さまの声です。これら全ての不安に対して、美肌室Leoは自信をもって「ご安心ください」とお答えしています。

▷美肌に必須の2つの条件

:過保護な状態を脱し、皮膚本来の機能を取り戻すこと

お肌の乾燥が気になるとき、皆さんはどんなアイテムを使いますか?乳液?クリーム?オイル?
多くの女性は「油分」の配合されたアイテムをお肌に塗って対処し、乾燥がカバーできたと感じるようです。

そのアイテムを使い始めて1年後、貴女のお肌は乾燥肌から「油分」の要らないノーマルな肌に戻っているでしょうか。
いつまでも「油分」が手放せない過保護なお肌になっていませんか。

健康な皮膚は汗・脂・垢で皮脂膜を作り、外界の刺激から身体内部を保護しています。
「脂づけ」にしてしまうと、見た目や触感は潤っていて健康でも、脂の分泌や汚れの排泄といった皮膚本来の機能が死んでしまうのです。
皮膚の機能が鈍くなれば、当然老化も早まります。

細胞ひとつひとつは、酸素と栄養を補給し、老廃物を排泄して細胞分裂を繰り返します。
本来の皮膚機能を取り戻し、「油分」の配合されたアイテムなしでもしっとり潤う美しい素肌を手に入れるには、肌細胞への栄養と酸素の補給が重要です。

:メラニンの発生源「メラノサイト」を刺激しないこと

黒く着色したメラニン色素が、「シミ」として肌表面に浮上してくることは皆さんもご存知のことと思います。

肌細胞の10個に1個の割合で存在する「メラノサイト」は、メラニン色素を発生させて、外界の刺激から身体内部を保護します。
外界からの刺激として主に挙げられるのが「紫外線」「化粧品」「摩擦」の3つです。

つまり、メラノサイトを刺激せず、シミのない美肌を目指すには

・季節に関係なく紫外線対策を万全に行うこと
・肌に負担のかかる添加物が無配合の化粧品を使うこと
・お顔を擦らずに優しく触ってお手入れすること

が重要と言えます。

▷美肌室Leoの特徴

:全工程オイルフリー&超新鮮素材「AQmichica」

喉が渇いたら「水」を欲するように、乾燥したお肌は水分をベースとしたトリートメントを欲しています。

お肌に必要なアミノ酸,糖質,ミネラルをバランスよく配合したオイルフリーの肌栄養剤によるトリートメントにより、脂づけで過保護な状態を脱し、皮膚本来の機能を取り戻します。

細胞間質液よりも高い濃度に作られた肌栄養剤は、浸透圧の作用で細胞の栄養分を引っ張り上げ、電解質のバランスを整えてくれる優れものです。

無菌庫でバイアル瓶に充填されてサロンに届くこの肌栄養剤は、お肌が「食べる」イメージで作られています。
防腐剤,殺菌剤,酸化防止剤,保存剤,鉱物油,オイル,香料,アルコール,色素は不使用の「無添加」にこだわっています。

開封後1週間の消費期限が設けられているため、高温多湿を避け冷蔵庫で保管するなど、生鮮食品と同じように取り扱います。

敏感肌やアトピー方でも、これまでエステは受けられなかった方でも、安心してお受けいただけるエステトリートメントです。

:日本無圧式「エアリータッチ」

お肌の表皮は、新聞紙たった1枚分の厚み(0.2mm)しかありません。
新聞紙をゴシゴシ擦ると、しわくちゃになるのを想像していただきたいのです。

当然のことながら、お肌も擦れば新聞紙のようにしわくちゃになります。
また、摩擦から身体内部を守ろうと、メラニンも発生します。

美肌室Leoは、日本発祥のエアリータッチトリートメントを採用し、お肌を傷めないエステをお届けします。
大切なお顔に触れさせていただく身として、安心安全な施術を心がけます。

:フランス発ラジオ波温熱器「WINBACK」

およそ3年前にフランスから日本に上陸した、ラジオ波温熱器「WINBACK」。
身体の深部にジュール熱を発生させることによって、血流やリンパの流れを促進し、崩れた生体恒常性(ホメオスタシス)機能を回復し、免疫力を高め、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。

【WINBACKでできること】
■肌質改善:ヒートショックプロテイン効果により、短期的・長期的なコラーゲン生成を促し、シワを軽減、ハリのある肌へ。
■痩身:サイズダウン、引き締め、リフトアップ、タイトニング
■代謝機能促進:冷えによる便秘やセルライトの解消、肩こり、腰痛の緩和
■リラクゼーション:副交感神経と交感神経のバランスを整え、ストレスを軽減
■アスリートケア:筋肉痛の乳酸解消、肉離れや様々な創傷早期治療のサポート
■免疫機能アップ:恒常的に体温が高くなることによる体質改善
■ホルモン分泌促進:加齢により減少する成長ホルモン分泌の促進
■筋膜の癒着解消:四十肩や五十肩など筋肉や骨、筋膜の癒着解消

WINBACKは使い方次第で、こんなにも沢山のことができてしまいます。

最大の特徴は、ブレスレット型のエレクトロ―ド(電極)をセラピストの手首に装着することによって実現する「完全フリーハンドのラジオ波施術」です。

今までのマシンでは手の届かなかったところまで、思いのままの施術が可能になり、マシンとハンドの良いとこ取りができます。

私もこの「フリーハンドラジオ波施術」を体験するやいなや、その魅力に取りつかれ、その場でサロンへの導入を決めました!
是非皆さんにもお試しいただきたいマシンです。


※現在「WINBACK体験キャンペーン実施中」参加方法など、詳しくはこちら>>>

▷施術者より

:略歴

星 谷 枝 里 子(ほしやえりこ)
1990年11月4日生まれ。福岡県福岡市出身。慶應義塾大学 理工学部 物理学科卒業。2015年、ANAに入社。国内/国際線の客室乗務員として乗務。2018年に退職。2019年、美肌室 Leoを創業。現在の住まいは大阪府豊中市。

 中学時代から10年以上に渡ってニキビに悩んだ過去を持つ。高校時代には、ニキビの赤みを隠すためファンデーションは必須アイテム化。校則で禁止だったため、毎日ヒヤヒヤしながら登校した。CA時代、のちに師匠となる村田氏(SALON DE FARD)と無添加化粧品AQmichicaとの奇跡的な出会いを機にニキビを克服。師匠のようなエステティシャンになり、美しい素肌の輪を広げることが自身の使命と考えるようになり退職して弟子入り。現在に至る。(尚、師匠のようなエステティシャンになるまでの道のりはあと30年!)

:サロンオープンに至る経緯

客室乗務員として働いていた24歳のとき、私は時差や不規則な食生活で肌を荒れに荒らしていました。同期や先輩は同じ環境でも綺麗なお肌をキープしていることが信じられず、デコボコな自分のフェースラインに落ち込みました。

心配してくれた母の紹介でエステサロンへ。これがのちに師匠になる「母の友人の友人」村田氏とSALON DE FARDとの出会いです。中学生のときから慢性的にニキビができていたので肌荒れには慣れていましたが、それでも見るに耐えない状態でした。(皆さんに参考画像を提出しようと探してみたのですが、一枚も出てきませんでした。写真に写りたくもなければ、撮った写真も見たくなかった当時の心境が思い出されます。)

初めてお会いした師匠は、自分のことようにニキビを綺麗にてあげたいという強い思いで施術にあたってくださり、それだけでとても救われました。自分ひとりで悩んでいた状況が一変して、美肌のプロがそばにいてくださるということがどんなに心強かったかは筆舌に尽くせません。

エステを重ねるごとに肌はどんどん本来の力を取り戻していき、私もどんどん自分に肯定的になっていきました。そしてついに、万年ニキビだった私が、「肌が綺麗」と言っていただけるまでになったのです!奇跡は起こるものですね。

師匠は施術中のどんな他愛ない話も細かに覚えてくださっていて、毎度驚かされました。「私ってそんなことまで話してたんだ~」と自分で忘れているようなことでも、心に留めてくださっているのです。温かさが沁みました。

いつからか、お肌のためにではなく、師匠に会いに東京~福岡を移動してお店に通っていたような気がします(笑)

当時の飛行機の中での一期一会の接客と大きく違うのは、お客さんがファンになって自分の元に帰ってきてくださり何度でもお会いできるところ。して差し上げたいと思ったことを、して差し上げられるところ。人間関係にウェットな私は、師匠のようなエステティシャンの仕事に魅力を感じました。

28歳になる前、仕事を辞め、師匠に無理を言って弟子入りさせていただきました。
「お肌」というテーマは思っていたよりも遥かに壮大で深いものですが、一生をかけて勉強していく覚悟です。

そして本当に本当に沢山の方にご支援を賜り、「美肌室Leo」をオープンするに至りました。
皆々様には心からの感謝を申し上げます。

ここまで興味を持って読んでくださり、本当にありがとうございます。
後悔させませんから、絶対にお店にいらしてくださいね。

:サロン名の由来


フランス語などお洒落な名前にも憧れましたが、読み間違えがなく覚えてもらいやすいことを第一条件に考えました。

サロン開業に向けて仕事を辞め、「人生で一度はやってみたい」と考えていたブロンドヘアに挑戦した私を見た母が「ライオン!」と言ったのが全ての始まりです。不思議と気持ち良く感じ、心は決まりました。

百獣の王という何者にも媚びず堂々とした存在にあやかり、サロンの名前をLeo(ラテン語でライオン)に。
カタカナでレオと書いたときの中性的な響きもとても気に入っています。

『媚びずに堂々と自分の道を切り拓いていく女性たちをそばで応援するサロンであり続けられますように』

美肌室Leo
ほしやえりこ